リュックの肩紐カバーの作り方(子ども用)

スポンサーリンク
キッズ用品

こんにちは、マリッコです。
3歳娘は、幼稚園の指定のリュックがあるのですが、最近「かたが…いたいの…」と言うことが増えました。
お弁当をいれている日にそういうことがおおいので、肩紐のカバーを作ってみることにしました。

ちなみに、家にあった「正方形の鍋敷き」と大きさが同じなので、
100均で可愛い鍋敷き(20センチ四方程度の)に、ワンタッチのスナップボタンを装着すれば両方で300円(+税)で完成します。笑

スポンサーリンク

サイズ

3センチ幅の肩紐に付けられるようにしています。
完成品は18センチ四方になり、スナップで留める仕様です。

材料

・20センチ四方(縫い代込)の生地4枚
・タオル
・スナップボタン4組(ワンタッチのものが簡単でオススメ)

Amazon.co.jp: KIYOHARA サンコッコー ワンタッチプラスナップ 6組入 10mm オフホワイト SUN17-40 : ホーム&キッチン
Amazon.co.jp: KIYOHARA サンコッコー ワンタッチプラスナップ 6組入 10mm オフホワイト SUN17-40 : ホーム&キッチン

作り方

裁断

裁断します。
表布20センチ四方=4枚
タオル20センチ四方2枚
タオル縦20センチ×横8センチ 2枚

これは片方分

タオルを縫い合わせる

肩に当たる部分だけを2重にします。
大きいタオルと小さいタオルの中央を合わせ、縦方向に縫い合わせて固定しておきます。

全体を縫い合わせる

表布2枚を中表に合わせ、先ほど作ったタオルをその上に載せます。

周囲を縫い代1センチで縫い合わせます。
10センチ程度の返し口を空けておきます。

4隅はカットしておきます。
(返したときにゴロゴロにならないように)

返し口から表に返して、空いているところを綴じるように4辺の縁にミシンをかけます。
(返し口さえ閉じていればいいので、手縫いで返し口を綴じるだけでもOK)

スナップをつける

実際に付けるものに合わせて、スナップの場所を決めていきます。
最初は一番表になる部分。凸の部分から。

待ち針の位置

あまり端っこ過ぎると生地に穴が広がりすぎてしまうので注意。
目打ちで結構大きめに穴をあけます。

穴にスナップをはめ込みます。
装着部分に布の糸が食い込みやすいので、丁寧に避けながら。

ひっくり返したところ

凸の部分が決まったら、次は凹の部分。
実際に肩紐に巻いて、ちょうど良い場所を決めます。
決まったら、既に装着したスナップをぎゅっと押し付けるようにして、凹を付ける部分の布に跡を付けます。

ぎゅっ!
ここ

跡が付いたところに目打ちで穴をあけます。
見えている部分に凹のパーツが来るように気を付けます。
下の図は、同じものを表裏からそれぞれみたところです。

2枚作って完成です。

終わりに&装着図

スポンサーリンク

肩紐のカバーを作ったお話でした。
実際の装着した感じはこちら。

ぜんぜん!!いたくない

!!!

とのことで、とりあえず作ってよかったな、と思いました。
キルティングで作って周りをバイアステープで囲ってもいいと思います。
そして、そもそもタオルの部分は中央だけ2枚にして、あとはいらなかったのでは???と翌朝思ってみたり。笑

タイトルとURLをコピーしました