あると便利! 草履バンドの作り方

スポンサーリンク
ハンドメイド

こんにちは、マリッコです。
なかなか子どもが履きなれない草履。
特に小さい子どもだと、かかとがないものは脱げたり転んだりしてしまいます。

「5歳だから大丈夫でしょう」と、たかをくくった息子の七五三。
まさかのこんなことがあったので

カメラマンだから撮れた。笑

翌年3歳娘はとても履きこなせないでしょう、と思い草履バンドを作りました。

思い出したのが七五三前夜

ZZZZ

あるもので何とか作ったので、同じように「あらら明日なのにどうしよう!!」という方の参考になれば。

スポンサーリンク

材料(3歳用・足の大きさ13センチ程度)

  •  (幅が広めのもの、あまり伸縮性のないもの)=片足35センチ 2本
    →マリッコはダイソーの「フラワーモチーフ ケミカルリボン」を使用しました。
  • ファスナーテープ(縫製用)=幅1センチ、長さ8センチを1セットとして2組

長さに関しては、実際にお子さんの足の大きさに合わせて作れば、もっとリボンもファスナーテープも短くて大丈夫です。
我が家は娘が寝た後に作ったので、念のため少し長めに作っています。

作り方

使用するものはミシンです。
手縫いでもできるかな?? ファスナーテープが固いので手が痛くなりそうな。。

完成形はこんな感じ

片足分です

長さ35センチのリボンの両端に
長さ8センチのファスナーテープを縫い付けてあります。

端は、リボンのに、ふわふわ側のファスナーテープを縫い付け、
端は、リボンのに、ちくちく側のファスナーテープを縫い付けています。

リボンの中心に、縫い始めと縫い終わりに返し縫いをして、
だだだっと一回縫い付けるだけ。

ミシンの糸を変えることすら面倒で
黄色の糸のまま!

これを左右分、2セット作ります。
同じものでOKです。

出来上がりです。

使い方

使い方です。
いわゆる「雪駄バンド」と同じ使い方です。

草履に巻いて

かかとを留める

脱ぐときにはそのままかかとを外して、
履くときには、またかかとにかけてください。

3歳女児でも脱げずに履き続けることができました。

草履は履く前に

鼻緒をギュウギュウに伸ばしておいてね

終わりに

おうちにあったもので草履バンドを作ったお話でした。

タイトルとURLをコピーしました