キラメイジャー ジャケットの作り方

スポンサーリンク
なりきり

こんにちは、マリッコです。
2020年3月から始まった魔進戦隊キラメイジャーですが、ダイソーの大きなフェルトを使ってジャケットを作ったので紹介です。

スポンサーリンク

材料

・ダイソーの大きなサイズのフェルト(赤・黒)
・プラスナップまたはスナップボタン
・黄色の紐

基本的な形は、こちらのページを参考にしました。

着ている感じはこちら。4歳娘(身長100センチ、体重16キロ程度)だと、少しゆったりめかな?

4歳
7歳

作り方

ベースの部分(赤)

ダイソーのフェルトは微妙な長方形になっていたので、短いほうの辺に合わせて正方形に切ります。

2回折って小さい正方形にします。

中心から、60センチのところに線を引いて、カット。

首の部分を切ります。
縦6センチ、横4.5センチのところに印をつけて、緩やかなカーブを描くように。

広げると、中央の開いた円になっています。
前になる部分をカット。中央の穴が、横向きの楕円になるように置きます。

このままだと、着用したときに前の部分が重なってしまうので、首のカットしてある部分と90度になるようにカットします。

黄色いところをカット

黒の部分

模様の黒い部分を作ります。
同じようにダイソーの大きなフェルトを使用しています。
先ほど切り出した赤いベースのマントに薄い紙を置いて、型紙を作ります。

Clover ハトロン紙 ロールタイプ 39-321
Amazon.co.jp: Clover ハトロン紙 ロールタイプ 39-321: おもちゃ

マリッコはこれを愛用しています。

左右対称でこんな感じ。
後になる部分は三角のようになるように、前の部分は反対側にわたるように。
フェルトなので、縁は赤いベースと同じようにします。

黒のフェルトに今作った型紙を置きます。
基本的には同じ形で切り出しますが、後ろの部分だけは縫い代1センチを付けます。
左右対称に1枚ずつ切ります。

縫い代を付けた部分を中表にして縫い合わせます。

縫い代を開いたときに、表から見えてしまうところは切り落としてください。
赤のマントに黒の模様を置いて、それぞれの端を合わせて縫い合わせます。
前のビラビラになる部分は縫いこまないように注意します。

黄色のもようを付ける

縁の部分に金色の模様が付いているのですが、今回はおうちにあった黄色い紐(よく巾着の紐とかに使うような、いわゆる紐。)を使いました。
長さが足りなかったので、見えるところにだけつけていますが、長さが足りるときにはぐるりと縫い付けると良いと思います。

衿をつける

本来であれば、チャイナ服のような赤い服の上に付けるマントのようなのですが、今回はこのジャケット自体にチャイナ服のような衿を付けてしまいます。
衿を付けたい部分の長さを計って、
横はその長さ+1センチ、
縦は欲しい衿の高さ×2+2センチ(縫い代)
で赤いフェルトを切り出します。
(縦は、例えば4㎝の衿の高さがよければ、4×2+2=10センチ)

縦に半分に折って、両端にミシンをかけます。

ひっくり返して、黄色い紐を縫い付けます。
紐の最後の部分は、それぞれ中に入れ込んでおくと良いと思います。

本体に衿を縫い付けます。
衿に模様が付いている方を下にして、衿を付けたい部分に下の画像のように縫い合わせます。
ここで縫い合わせるのは、衿の下の部分の片方だけです。

衿を起こして、衿の下のもう片方の部分を、マントの裏側から縫いこみます。

ボタンを付ける

今回は、穴を開けてワンタッチで付けられるボタンを使いました。(100均で売っています)

2か所付けています。

表から見るとこんな感じ。
ボタンの色が気になる場合には、上からシールを貼っても良いと思います。
今回は手持ちのキラキラのテープを使いました。

胸のエンブレム

左胸にエンブレムがついていたので、再現してみました。
適当な大きさのエンブレムをトレーシングペーパー(今回はトレぺの折り紙)に写して…

それを覆うようにシルバーのテープを貼り…

裏から、線の通りに切り落とし…

黒い厚紙に貼り、黒の厚紙はエンブレムよりも一回り大きく切り落とします。

後ろ側に安全ピンを貼り付けて(今回は手持ちのコサージュピン)…

左胸の良さそうなところに取り付けて完成です。

終わりに

キラメイジャーのジャケットを作ったお話でした。
基本的にみんな形は同じようなので、色を変えれば他のメンバーにもなりきれるのでは。

タイトルとURLをコピーしました