小さな男の子のための アジャスター付き蝶ネクタイ 

スポンサーリンク
キッズ用品

こんにちは、マリッコです。
3歳娘のお友達の男の子のママから、「蝶ネクタイって作れるかな?」と相談があり、やってみました。
小さな男の子用に、少し小さめのネクタイにしましたので紹介します。

スポンサーリンク

材料

・お好きな生地
・バイアステープ
・1センチ幅のフック&移動カン

実際に完成したものとは色が違います…

1センチ幅の移動カンとフックは
使わなくなったブラの肩紐のパーツをリユース

蝶ネクタイ部分

最初に裁断します。
ネクタイ部分に必要なのは、
縦8センチ×横17センチが1枚(=リボン部分)
縦5.5センチ×横7センチが1枚(=結び目部分)です。

大きいほうを、横長になるように中表に合わせて、長い辺を縫い代5ミリ程度で縫い、表に返します。

表に返したところ

縫い目を真ん中になるように置いたら、両端を中央に重ねるように折ります。

ビラビラの部分をミシンで縫い止めます。リボン部分は完成です。

次は結び目部分です。
最終的に2センチの幅になるように生地を折り重ねます。

重なった部分が見えるように半分に折り、端から1センチの部分をミシンで縫い止めます。
表に返します。
表に返したら、先ほど作ったリボン部分を、結び目部分に通します。
必要に応じて手縫いで縫い止めますが、ここに後ほどアジャスターを通すので縫いすぎ注意。

アジャスター部分

ゴムでも良いのですが、幼児は首に対して頭が大きいので、きっちり留められるアジャスターを作りました。
丁度家にあった両折れのバイアステープを使用しました。
長さは、50センチほどを用意しました。

バイアステープを幅1センチにします。
画像のように、もともとのバイアスの折れ目は無視するように、3つ折りにするようにします。
この端をずっとミシンで縫っていきます。

移動カンを通します。
①移動カンの右から左に紐を通します。右の穴は避けて、左の穴の下から上に通して
②左に出ている紐の先を、移動カンの右の穴の上から下に通しながら戻します。

③移動カンに通した紐の先を、先を1回折ってからミシンで縫い止めます。
④もう片方の紐の先を、移動カンの右の穴の下から上→左の穴の上から下に通します。

⑤そのままビーっと伸ばして、紐の先にフックを縫い付けます。(表裏に注意)
⑥完成した状態

蝶ネクタイの結び目部分に、アジャスターを通して完成です。

終わりに

小さな男の子のための蝶ネクタイでした。
アジャスター部分は基本的に表からは見えないところなので、この部分だけリユースすることも出来ると思います。
ネクタイ部分は簡単で少しの布しか使わないので、お気に入りの布でもすぐできると思います。
ジャケットを着るのであれば、同じ布でポケットチーフなどを作ってもおしゃれかも。

タイトルとURLをコピーしました