直線縫いだけで 円柱型クッションカバー作り

スポンサーリンク
ハンドメイド

こんにちは、マリッコです。
娘が就寝用の枕として愛用している円柱型(円筒型)のクッション、だんだんほつれて中身が出てきてしまいました。

おとうさんがクレーンゲームで取ってきてくれたの!

寝相が悪いから、このくらいの大きさの枕が意外と便利なんだよね。

くまのプーさんの柄が気に入っているのかな?と思いきや、意外と柄はどうでもよいらしく(「夜は暗いから見えないの」と本人談)、とにかく中身が出てくるのが不快だから直してほしいとオーダーがあり、2年近く死蔵していた生地があったので使ってみることにしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

材料

・本体用生地
・縫製用ファスナーテープ(100均)

今回のクッションは、上下の円の直径が25センチ、横の長さが64センチです。
「折りマチ」というマチにして、直線縫いだけで円形のマチが出来るやり方にしています。
必要な生地は、
縦=クッションを包んで15~20センチ重なりが出る程度(今回は90センチ)、
横=横の長さ+(マチ×2)=64センチ+(25センチ×2)=114センチ

作り方

今回は生地の横幅いっぱいに使いましたので、耳を有効に活用しています。
耳以外のところはロックミシンで端を処理し、さらに一つ折りにして直線縫いをしました。
(端にジグザグミシンかけずに三つ折り+直線ミシンでもいいと思いますが、距離が長いので疲れそう。)

裏になる部分を上にして、クッションを載せます。
まず、下の画像のように布でクッションを包んで…

もう片方も被せます。

布の、この位置関係を待ち針でキープしつつ、クッションを抜き取ります。

上の画像で言う、左右の部分を縫い代1センチで縫い合わせます。

今、縫い合わせたところから、マチの半分(今回で言うとマチ=25センチなので、半分だと12.5センチ程度)を折り返します。
左右どちらとも。

折り返しをキープするように、折った両サイドを縫います。

開いているところから表に返します。

クッションを入れてみます。
今回は少し布が遊ぶ感じが気になったので、収まりのよいところにファスナーテープを取り付けました。

完成です。

終わりに

円柱型クッションのカバーを作った話でした。
すでにくたびれているクッションなので、もうちょっと中に綿を詰めようかどうしようか思案中です。

タイトルとURLをコピーしました