くるみボタンで簡単ヘアゴム作り

スポンサーリンク
キッズ用品

こんにちは、マリッコです。
最近、くるみボタンを作る機会があったのですが、それを目ざとく見つけたのは4歳の娘。
お気に入りの「マジマジョピュアーズ」の生地を引っ張り出してきたので、それでくるみボタンを作ることになりました。

スポンサーリンク

材料

・くるみボタンのキット(初めての時には「制作キット付き」を選ぶ)
・お気に入りの生地
・貼れるタイプのフェルト
・ヘアゴム

ダイソー

作り方

説明書通りですが…
キットの中に型紙が付いているので、その大きさで生地を切り出しますが、出来るだけ真ん中にお目当ての柄が出るようにすると良いです。

透明の器に、表地を下にした生地を押し込める。
出来るだけ皺にならないように。
ひっくり返してみて、おもっている柄がちゃんと出ているかを確認。
その後、丸いボタンの部分の、丸い部分を下にして押し込む。

周りに出ている生地を畳んで詰めて、その上から足の付いた部品をはめ込む。
下のボタンの周りから出ている生地の模様が見えるくらいに押し込む。

押し具を使って押し込む。
下のボタンのフチの部分が均等に見えているか確認。

娘も手伝えます。

出来上がったらひっくり返して、容器の底から押し出すように出す。
出来上がり。

裏側の始末

このままだと、裏側の金属が丸見えなので、ヘアゴムにする場合には隠すと良いかと思います。
くるみボタンの足つきのパーツを型紙にして、貼れるフェルトに形を写します。

この形で切り出して、半分に折り、真ん中に切込みを入れます。

剥離紙をはがし、先ほど作ったくるみボタンの裏側に貼ります。
切込みから足を出します。

ヘアゴムにするには

ゴムは、1本につき20センチくらいが丁度良いかと思います。
(娘が持っているゴムがみんなそのくらいだったので)

ゴムを下の画像のように通します。

片方にビーズを通しても可愛いと思います。
(あいにく、この太さのゴムを通るビーズが我が家にはありませんでした)
通したゴムを、輪に絡めて…

このまま、くるみボタンの足の上で固結び。

輪になっている方からもギュッと引っ張ったら、余っているゴムを切って出来上がり。

いきなりマジマジョになってるやんけ。

終わりに

くるみボタンでヘアゴムを作ったお話でした。
本当はベビー被布に使いたいだけだったのですが。。
このくるみボタン自体を土台にして、その上からつまみ細工でお花を付けても可愛いかな、と思います。

タイトルとURLをコピーしました