牛乳パックと画用紙で作る ケーキ屋さんごっこ用のショートケーキ

おもちゃ

こんにちは,マリッコです。
年長児の娘が,幼稚園でケーキ屋さんを開業しました。
その際に作っていったケーキが,オープンと同時に殺到したお客さん(園児)によって完売し,追加を生産することになったとのこと。

段ボールとフェルトで作る ケーキ屋さんごっこのケーキ

同じものを作っていっては芸がないので,たまたま乾かしておいた牛乳パックを利用してショートケーキっぽいケーキが出来上がったので紹介します。

材料

・牛乳パック
・画用紙
・セロハンテープ
・マスキングテープ
・ボンド
・トッピング用ビーズ

作り方

牛乳パックを開きます。

注ぎ口のある上の部分と,長方形の一片を切り取ります。
今回使うのは,下の画像の☆のマークがついているパーツです。

このパーツを,5cmずつの間隔で切ります。
最後のだけ少し小さくなりますが,そんなことは気にしません。

真ん中より少し下の部分に,マスキングテープを貼っていきます。
中の具材のイメージ。

折り目の通りに三角に折って,セロハンテープで留めます。
セロハンテープと反対側になる辺は,気持ちカーブを付けておきます。

画用紙の上に置いて,パックの形を画用紙に写します。

クリームのようになるように,輪郭の周りをランダムに切っていきます。

輪郭の部分を,軽くカッターで切込みを入れて,折れやすくします。
その線に沿って谷折りをすると,ケーキの形にあった立体になります。
おさまりが良いように,適宜サイドにも切込みを入れるとよいです。

黄色い〇のところに切込みを入れると,無理なく立体にすることが出来ます。

切込みを入れたところはセロハンテープで押さえます。
ケーキとクリームの部分も,テープで留めるとよいです。

牛乳パック1本から,この形が4つ出来ます。半ホール分です。

デコレーションは,上の部分にボンドを多めに出し,ボンドに乗せるようにビーズを配置していきます。

ある程度本体まで作っておけば,子どもが勝手にデコレーションしてくれます。
あまりケーキっぽくないマスキングテープでも,そこに貼ればケーキっぽくみえる不思議。
(下の画像はすべて娘がデコレーションしたもの)

おわりに

子どもがケーキ屋さんごっこで使うケーキを,牛乳パックで作る方法でした。
デコレーションをしている最中はものすごく静かなのでオススメです。

ビーズのぶちまけに注意

リビング中にビーズをばらまいてごめんなさい。

タイトルとURLをコピーしました