メダカのスチロール別荘にサンシェードを付けた話

スポンサーリンク
日常

こんにちは、マリッコです。
先日から我が家の仲間入りを果たしたメダカちゃんたち、1匹も欠けることもなく元気に生活しております。
水もちょっと緑になってきてしまいましたが、屋外ということもありコップで水を排出+カルキした水をその分補充、という形で運営してきましたが、

わ!卵もってる子がいる!!!

という事態が発生し、どこに卵を産み付けたか分からなくなってしまいそうだったので、新たに発泡スチロールの別荘を用意し、本宅と順番に暮らしていくことにしました。
新たに卵用の箱も用意してみました。

藻がすごいから、出来れば日光は遮りたい。

という夫の意見も採用しつつ、新たなシェードを作成しました。

スポンサーリンク

材料

・発泡スチロールの箱(蓋つき)
・車用サンシェード(今回はセリアでサイド用の1袋2枚入りのものを使いました)
・ホチキスの芯
・カッターやはさみなど

作り方

2種類作っています。

別荘

まずは別荘となるもの。
蓋に、シェードより小さめの四角い穴を開けます。

蓋を裏返して、シェードをはめ込みます。
このシェードは形状記憶というか、折りたたみが可能なタイプのもので、パンと張る力をうまく使いました。

内側から念のため、ガムテープを貼ります。
表に返して完成です。

黒い網のほうが、白のものよりも中がずっと見やすいですね。

卵ハウス

今回、ホテイアオイに卵が産み付けられているのを発見したので、こちらは隔離することにしました。
少し小さめの箱のため、このサンシェードよりも蓋が小さいので、穴を開けて、網の部分をホチキスの針で止めることにしました。

元からここの部分が外れたので、
ここを使うことにしました。

穴を開けたら裏返して、穴よりも一回り大きくサンシェードの網を切り出します。

蓋の裏から網を張って、ホチキスの芯で留めていきます。
針を1本ずつ出して、押し込んでいくときれいにはまりました。

表に返して完成です。

果たして卵は孵るのでしょうか…

下手くそか…

終わりに

メダカのスチロール飼育箱にサンシェードの網を張ったお話でした。
なかなか睡蓮鉢でしっとりとしたビオトープ作りには近づけないマリッコ家です。

タイトルとURLをコピーしました