なりきりキュアグレース 衣装の飾りの作り方

スポンサーリンク
なりきり

こんにちは、マリッコです。
先日紹介したキュアグレースの衣裳ですが、説明が長くなってしまったので、胸の飾りだけこちらで紹介します。

スポンサーリンク

材料

・薄い黄色っぽいかクリーム色っぽい生地(サテンにしましたがシフォンでも)
・赤いフェルト
・安全ピン

作り方

リボン

生地を半径17センチ程度の円に2枚切り取って、中表にして円周を縫い合わせます(返し口を残します)

表に返します。

画像のように折ります。
返し口が裏になるように、上から3分の1程度のところを向こう側に折る感じで。

折ったところの中央に合わせるように、画像のように左右を折り返します。

形が崩れないように何か所か簡単に縫い止めておきます。

バラ

フェルトを使ったバラです。
幅3センチ程度、長さ20センチ程度にしたフェルトを2枚用意します。
(うねうねに切ってみましたが、おもったような効果が出なかったような気がするのでこれはお好みで。。。)

巻き始めはこんな感じで、キュッとさせます。

フェルトを適量、向こう側に捻じります。

捻じって「わ」のようになった部分がお花の「ふち」になるようにして巻き進めます。

向こう側に捻じった「わ」の部分がなくなったら、また同じように向こう側に捻じります。

この要領で巻き続けていきます。
途中でフェルトがなくなったら、このように新しいフェルトを差し込んで

何事もなかったかのように巻き進めます。
巻き終わりは、最後のところを本体の捻じった箇所のちょうど良さそうなところにグサリ。

縫い糸2本どりで、表から見えないところを適宜縫い止めて形が崩れないようにします。

下から中央の花芯に向けて針を通し、そのままUターンして下に戻したりします。

バラ完成です。

組み合わせる

リボンとバラを組み合わせます。
縫い糸2本どりで、リボンの上にバラを載せて何か所か縫い止めます。

裏のちょうど良さそうなところに安全ピンを配置して、縫い止めます。

完成です。

終わりに

衣装に付けてみた感じはこちら。

リボンで作るバラと同じ作りかたです。
幅が広めのリボンでも同じような感じで出来ると思います。

タイトルとURLをコピーしました