おばあちゃんのブラウスを女児用ワンピにリメイク

スポンサーリンク
キッズ用品

こんにちは、マリッコです。
少し前に、着道楽の姑から、マリッコにとブラウスのおさがりをもらいました。

柄は好きだけど似合うかな…。
(試着して家族の前へ)

なにそれ似合わない。

かわいいかわいい。

(爆笑)
カメラカメラ。

ということで、マリッコのワードローブからは外れてしまったブラウス。
でもそのまま手放してしまうのも惜しいので、解いて娘のワンピースを作ることにしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

参考書

ほんのりsweet女の子の服 (Heart Warming Life Series) | 荒木由紀 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで荒木由紀のほんのりsweet女の子の服 (Heart Warming Life Series)。アマゾンならポイント還元本が多数。荒木由紀作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またほんのりsweet女の子の服 (Heart Warming Life Series)もアマゾン配送商品なら通常配送無料

もうお子さんが大きくなって使わないから、という先輩ママからお借りし、その可愛さから何度も眺めている本です。
実物大の型紙が付いているので、楽に作成できます。
2011年発行なのですが、古さは感じません。
この中のノースリーブワンピースを作成しました。重ね着して、秋冬に使えるようにします。

解く&裁断

最初は解く作業。
1枚仕立てですが、恐ろしく縫い目が細かくて、さすが東京ブラウスって感じ。

最近聞かないなと思ったら、

2018年に濱野皮革工藝株式会社に吸収合併されて、

解散されているようです。

100㎝ちょっとの娘に、少し大きめで着られるように120㎝サイズで型紙を切り出し、裁断していきます。
今回は前開きのブラウスだったのですが、ワンピースにするときに前に縫い目がないようにしたかったので、前身頃と後ろ身頃を入れ替えています。
型紙では後身頃も中心から「わ」にして1枚で取っていましたが、それができなかったので、中心に縫い代を付けて裁断し、あとから縫い合わせて1枚にしました。
それ以外は作り方通りです。
元が袖だった部分は、襟ぐりの布と、ポケットにしました。
また、リボンとして存在していた部分は、裾の布に変換です。

縫製

まずはポケットを作っていきます。
前身頃の裾近くに縫い止めました。

上の部分にゴムを入れて
フリフリにしています

前身頃と後身頃を中表にして縫い合わせて

襟ぐりの部分をバイアスで処理。

中表にして縫い合わせ
仕上げる

身頃にギャザーを寄せて、襟ぐり布と縫い合わせ。

表襟ぐりと裏襟ぐりを縫い合わせ。

裾にギャザーを寄せて、裾布を付ける。

ボタン、スナップボタンを付けて完成。

ボタンも、他のお洋服から再利用です。

終わりに

実際に着せてみたら…

長っ! 思ったより長いな。
(欲張って130㎝サイズにしないで良かった)

生地は扱いやすい程度にさらりとしていますが、地厚めでこっくりした色なので秋冬の重ね着に活躍してくれることを祈っています。

タイトルとURLをコピーしました