インナー一体型 プリーツマスクの作り方

スポンサーリンク
ハンドメイド

こんにちは、マリッコです。
ポケット付きマスクやインナーを作っていたのですが、面倒くさがりのマリッコは「ポケットにインナー入れるの面倒だな…」思ってしまいました。

ポケット付ける意味…

あまりに厚いインナーだと一体型にしたときに乾きにくいですが、子ども用のキルト肌着であれば一緒にしても問題なさそう、と判断し、作ってみることにしました。
今回は大人用です。

スポンサーリンク

材料

・ダブルガーゼ
・インナーにする生地
・ノーズフィッター用ワイヤー
・耳掛け用ゴム

基本的には、使い捨てマスクから流用した材料を使用していましたが、今回ノーズワイヤーにはラッピングなどに使われるビニールタイを使ってみました。

作り方

ガーゼを裁断します。
縦35センチ、横17センチ(縫い代込)

中表にして半分に折って、端を縫い代1センチで縫い合わせて、表に返します。

ひっくり返しました

ノーズワイヤーを入れる場合には、今、縫い合わせたところを端から8センチ程度のところでミシンをかけます。

今回は、ノーズワイヤーがなかったので、おうちにあったギフトラッピング用のビニータイを使いました。
ゴールドで目立ったので、布の重なりを利用して、一番後ろになるところにタイを入れ込みました。

インナー部分を切りだします。
インナー 縦16センチ×横16センチ

マスク本体にインナーを入れます。

プリーツを付けていきます。
上から①4.5センチ ②1.5センチ ③2センチ ④1.5センチ ⑤2センチ ⑥1.5センチ
のところに印をつけます。

上の番号の奇数が山折り、偶数が谷折りになるように折り、両サイドをミシンで縫い止めます。

ゴムを入れるための布を用意します。
幅は4センチ、縦は、今作った本体の縦+2センチです。
(だいたい9.5~10センチ程度になっているかと思うので、縦12センチ×横4センチくりでOKかと)=2枚用意します。

本体のウラを上にして、マスクの端と、サイドの端を合わせます。
サイド部分の上下は折り込みます。

表にして、端を巻き込んで縫い止めます。

もう片方も同じように仕上げます。
ここにゴムを通します。
今回はウーリーテープを使いました。

ウーリーテープはマスクゴムほど伸びないので、通常よりも長めに切って使うと良いと思います。

終わりに

インナー一体型のマスクを作ったお話でした。
そろそろマスク作るのも飽きてきたなぁ。。。


タイトルとURLをコピーしました