ポケット付き プリーツマスクの作り方(大人用)

スポンサーリンク
ハンドメイド

こんにちは、マリッコです。
このご時世の中、ついに大人用のマスクの在庫が底をつきそうになっている我が家です。
(子ども用は既になくなり、布マスク対応中です)



とりあえず私は子どもたちと一緒に自宅におりほとんど外出しないので、残りの使い捨てマスクは仕事にいく夫に回し、大人用のマスクを作りました。
基本的には先日紹介したこども用のマスクと作り方はほぼ一緒ですが、
・ノーズワイヤーを付けている
・両サイドはバイアステープではなく、共布でくるんでいる

という点が違っています。

(追記)
ポケット付きマスクのポケットの中に入れるものは何がいいのかの実験の結果、洗えるインナーを作ってみた記事はこちら。

スポンサーリンク

材料

ダブルガーゼ
耳掛けのゴムまたは紐

今回は、マスクゴムの代用として売っていた
伸縮しない紐も使ってみました

出来上がりのサイズは、縦9.5センチ、横17センチで、市販の使い捨てマスクと同じサイズにしています。

作り方

ダブルガーゼを裁断します。
縦35センチ、横17センチ(縫い代込)です。

長さが足りなくて縦を足す場合には縦18.5センチ、横17センチを2枚用意して、縫い代1センチで縫い合わせると同じ長さになります。(表は白のガーゼ、裏は柄で作りたい、というときなどにも)

上下を1センチずつアイロンで折ります。

さらに半分に折って(5ミリの三つ折り)、ミシンで縫います。

片方に、ノーズワイヤーを入れます。
このノーズワイヤーは、使い捨てマスクの中から救出したものです。

半分に折ってアイロンをかけます。

プリーツをつけていきます。3段つけました。
ノーズワイヤーを入れた方を表になるようにします。
上から4.5センチのところで、まず山折りにします。

1センチ折り返します。

次に2センチ山折りにします。

1センチ折り返します。
同じ要領でひだを3つ作ります。
それぞれアイロンで押さえておくと、後々の作業がやりやすいと思います。
ひだが取れないように、両サイドを縫い代5ミリ程度で縫い押さえておきます。

マスク紐を用意し、手縫いで左右の上下に縫い止めておきます。
紐の長さはお好みですが、縫い代を入れて1本20センチ程度。ご自身の使いやすいマスクを参考にすると良いと思います。

ここでは、紐が両サイドにかからないようにします。

両端をくるむ布を切り出します。
幅は4センチ、縦はさきほど作ったマスクの本体の縦の長さ+2センチにします。
(本体が縦9.5センチ程度になるはずなので、縦11.5センチ、横4センチかな、と思います)

両端をくるんでいきます。
縦を1センチに折り込んでから、裏から縫い付けていきます。
本体の端と、くるむ布の端を合わせて、縫い代は8ミリ程度。

下の部分も出来上がりのラインで折り込みます。

表に折り返して、くるむ布の端を1センチほど折り込んでから、縫い付けます。
(最終的な両サイドのくるむ布の幅は1センチ程度になります)

もう片方も同じようにして完成です。
上側は開いているので、そこから別途不織布やキッチンペーパーなどを入れられるようになっています。

こういうのを買ったりしました。
在庫が…ないかも…

終わりに

大人用のポケット付きプリーツマスクの作り方でした。
ちなみに、洗うときには手洗いで洗剤を付けて洗い(ウタマロ石鹸とか使っちゃってます)軽く絞って清潔なタオルで挟んで水気をとり、干すときにはなるべく広げるようにしています。
皺が気になる&念のための殺菌のために、さっとアイロンをかけても。

タイトルとURLをコピーしました