小学校入学準備のためのハンドメイドはこちら

【にじいろのきもの】下絵を反物にトレースする

こんにちは,マリッコです。
じわじわと進んでいる娘の七五三プロジェクト,今回は刺繍の下絵を反物に写すところです。

下絵を完成させる

前回,大体の場所を考えました。

少し図案がシンプルだったので,本人の希望も入れて肉付けしていきます。
基本はこちらの本を参考に,

小倉ゆき子の リボン刺しゅうの基礎BOOK
“リボン刺しゅう"のすべてのステッチの刺し方を詳しいプロセス解説でわかりやすく紹介。見本はすべて実物大で掲載し、リボンの質感や刺した雰囲気もよくわかる部分アップの写真も豊富に掲載しています。また、すぐ使えて魅力的な図案の数々、ブックカバーや巾着、ミニ額、ソーイング小物など、小物作品も充実の1冊です。

ゴタゴタした感じにならないように,全体のバランスを考えつつ。
こんなときに,絵心があったらなぁと思うマリッコ。

左前身頃から後身頃にかけて

お花はたっぷり入れてね,色は濃いのはダメね。

左肩から左袖にかけてと,左のお袖の下の部分(前)。
お袖を広げた時にも模様がつながることを希望して,左前身頃から左袖の下の部分にリンクするように描きました。うまくいくかな。。。

フリクションペンで下絵を写す

下絵を写すにあたって,先日作成した空き箱のトレース台はもちろん使用しますが…

何を使って写したものか…

いろいろな手法があるようですが,ネットで調べて,フリクションペンを使用することにしました。
ペンだけれど,こすると消えるというアレです。
実はこすらなくても,結局高温を当てれば消えるということなので,アイロンと仲良しの刺繍にはぴったり!

ただ,熱を加えるとインクが透明になるだけで,完全に消えるわけではなく,低温では色が戻る可能性もあると指摘されています。
また,メーカーでは筆記用以外での使用は推奨していないので,あくまで自己判断で。

今回は,そのなかでもファインライナーというシリーズに白羽の矢をたてました。

Amazon.co.jp: パイロット 細字カラーペン フリクションファインライナー 6色セット SFFL-72F-6C : 文房具・オフィス用品
Amazon.co.jp: パイロット 細字カラーペン フリクションファインライナー 6色セット SFFL-72F-6C : 文房具・オフィス用品

でも,意外と「店舗で売っていない」「1色だけで扱っていない」というネットの声も多く…
フリクションペン数あれど,このファインライナーを探すのは難しいのかな,と思っていたところ…

こんな表示を見つけてですね。
え,もしや100均にあるの?と調べていったら,なんとあったんですね我らがダイソーに。
本家本元が出しているファインライナーが単品で110円(税込)で。

何となくで青を購入。これで写していきますよ!

場所を確かめつつ,待ち針で固定していきます。
最終的に図案の上に反物,になるようにするので,ウラを上にした反物に,裏返した図案を載せて固定していきました。
繋がった模様を描きたいので,お袖が付いていないだけで,背中心・脇は縫い合わさっている状態です。

トレース台の上に,下絵,反物の順になるように重ねて,ライトをつけてフリクションペンでなぞっていきます。

だいたい写せました。
実際にやってみると,おくみの部分にユニコーンのメインの部分が重なってしまっていたことが分かったので,ユニコーンだけずらしました。
ここで,背中心と脇の縫い目を外します。
(おくみは外さないことにしました)
縫い代になっていた部分にも下絵を追加しました。

左の肩からお袖にかけての模様も,途切れないように写します。

お袖の下の部分は,好奇心に負けて先に刺してしまったリボン刺繍です。
自作の刺繍台でちまちま刺しました。

これで,本体の部分も頑張って進めていきます。

タイトルとURLをコピーしました