着物仕立て直し 解き・端縫い編

スポンサーリンク
リメイク

こんにちは、マリッコです。
2年後に迫った娘の7歳七五三に向けて始動しています。
今回はめっちゃ初心者のメルカリで「志んし」という着物を洗うときに使うものを譲っていただいたこともあり、手元にある大人用の振袖を解いて、反物に戻したお話を。

なんだか情報量が多すぎない?

いいの。

スポンサーリンク

着物を解く

着物を解くのは久しぶりです。
基本的にはリッパーを使って丁寧に解いていきます。
「仕立てるときとは逆の順番で」と言われているようですが、一番面倒な袖から外しています。
袖→衿(かけ衿)→おくみ→身頃、の順で外していきました。

最初は袖が付いているところを少し開いてリッパーを差し入れて…

プチンと切ったらあとは少しずつ。

とにかく袖の身八つ口というところの「閂止め」という部分が外しにくいので、ここは生地を破らないように注意しました。
生地を引っ張っても糸が見えてこないので、裏側から糸を探しては切ります。

こういうところ

袖が取れました。
表地と裏地も分けておきます。

衿を外します。
衿の首周りにはかけ衿も付いているので、併せて外しました。

おくみ、身頃も順に外していきます。

身頃が外れたところです。

表地と裏地に分けます。
下の画像のオレンジの生地は裾回り、真ん中のベージュは身頃部分の裏側です。

糸が盛大についたままアイロンをかけて折り皺を伸ばします。

丸めたガムテープで、糸を取っていきます。

すごく高級な生地や傷みやすい生地は、

地味に糸を外していった方が良いと思います。

端縫いをする

洗うために一度反物の状態に戻します。
反物は、幅が37~38センチ程度。両側に布端の「耳」が来るように並べます。

こんな感じに

プロは端縫い用のロックミシンで繋ぎ合わせるようなのですが、マリッコ家のロックミシンにはそういった機能はなさそう。
手縫いだといわゆる「突き合わせ縫い」という方法でやるそうなのですが、1回やってみたら恐ろしく時間がかかってしまったので、まぁ素人がやることだし、と思い、一番大きな針目のジグザグミシンで繋ぎ合わせました。

大胆過ぎない?

吉と出るか凶と出るか。

無事に1枚の長い布に戻ったので、巻いておきます。
今回は何も芯を入れませんでした。

小さく巻いてあるのは、なぜか収まらなかった分…笑

終わりに

着物を解いて、反物の状態に戻したお話でした。
今後、お天気を見て洗ってみたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました