パーマンマントの作り方

スポンサーリンク
なりきり

娘のお友達が、この令和の時代に我らがパーマンにはまったということを聞いたマリッコです。
一式を作ってみよう!ということで、今回はマントを作ってみました。
いわゆるマントだとゴムを首に通す形が多いかな、と思うのですが、やはり万一の時の怪我が心配なので、フィッシュクリップを使った肩に挟むタイプのマントを作ってみました。

スポンサーリンク

材料

・赤い布(今回は手持ちの布を使いましたが、大きいフェルトだと端の処理がいりません)
・フィッシュクリップ
・くるみボタン
・くるみボタンに使う黄色い布

Amazon | ワンタッチクリップ 平テープ用 15mm プラスチック製 クリア(10個入り) | クリップ・リング | 文房具・オフィス用品
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、ワンタッチクリップ 平テープ用 15mm プラスチック製 クリア(10個入り)を文房具・オフィス用品ストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、 当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
くるみボタンは100均にもたくさんあります

作り方

布を裁断します。
今回は普通の布を使ったので、出来上がりの大きさに、それぞれ1センチの縫い代を付けました。
一応、上の辺は40センチ、下の辺が50センチにしてあります。長さはお好みで。

フェルトでない場合には、4辺を1センチずつ折ってアイロンで折り目を付けます。
その後、その線を目印にもう一回折り込んで三つ折りにします(5ミリの三つ折り)。
ミシンで押さえます。

全ての辺を縫いました。
上の辺の両端から3センチ程度のところに、1か所ずつタックを取ってミシンで押さえます。

フィッシュクリップを取り付けます。
裏の部分に手縫いで縫い付けました。

付け根部分が表に出ないように

くるみボタンに黄色い布を巻いておきます。

マントの表の部分に、ボタンを取り付けます。
先ほどのフィッシュクリップの付け根の縫い付けた部分が隠れるように配置するとより◎。

完成です。

終わりに

もっとひらひらさせたい場合には、上下の辺の部分をもっと長くして、上の部分に付けるタックを多めにするなど、使う布の量を多くすると良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました