小学校入学準備のためのハンドメイドはこちら

キルティングで作る 水筒ホルダー

こんにちは、マリッコです。
先日手作りしたキルティング生地を使った水筒ホルダーの作り方を紹介です。
「折りマチ」という方法を使ったので、基本的には直線縫いのみです。
今回の水筒はこちら。

ピーコック 水筒 マグボトル カーキ 0.5L ステンレスボトル マグタイプ AKF-50 K
くらしを大切にする、大人のためのマグボトル 環境にやさしく、自分にやさしく。シンプルでていねいな毎日を送るために 真空断熱構造でしっかり飲み頃温度をキープ ロックリング式で携帯に便利 本体の胴径は約64mmのスリムタイプなので持ちやすく握りやすい 本体瓶口の口径は約44mmの広口タイプなので飲み物が入れやすい 分解中栓

 

サイズ(約):幅6.4×奥行7.5×高さ23.6cm 、口径/4.4cm

材料

キルティング生地 縦24.5センチ×横29センチ
肩掛け用の紐

布の模様に上下があったので

このサイズにしました。


縦=必要な高さ+底の半径+折り返し3センチ+予備1センチ
横=(半円+両サイドの縫い代2センチ+予備1センチ)×2

今回は高さ17センチにしたかったので、上の式に当てはめると
縦=17センチ+底の半径(3.5センチ)+3センチ+1センチ=24.5センチ
横=(11.5センチ+2センチ+1センチ)×2=29センチ

間違っていたらすみません。

作り方

中表に折って、底になる部分を縫います。

底になる部分を折ります。
ここではマチが7.5センチのにしたいので、その半分の3.7センチ程度を下から上に折り上げます。
折り上げたら、そのまま両端を縫い代1センチで縫います。(黄色の部分)

表に返します。
口の部分を1.5センチ程度内側に折って、1周ぐるっとミシンをかけます。

肩にかける紐を用意します。
今回は100均のものを使用しました。
端からほつれてくることがあるので、ライターで端をあぶってからのほうがよいです。
(火気注意で)
紐は、本人のサイズに合わせてみて決めてください。長さ調節はしないようにしました。(多分先に本体がダメになると思うので)
付ける場所は本体の縫い代の部分で、□に縫ってから、その中に×を付けるように縫い止めました。

完成です。

終わりに

キルティングで水筒ホルダーを作ったお話でした。
こちらもどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました